サインバルタのod(過剰摂取)リスクとは?

 

od(オーバードーズ)は大量摂取という意味です。用法・用量をはるかに超える量を服用してしまうことで、睡眠薬抗うつ薬などの依存性・耐性形成がある医薬品で起こりやすいです。耐性が付いてきてだんだん服用量が増えるパターンや、精神が不安定になって大量にodしてしまうパターンなどがあります。

 

サインバルタは抗うつ薬なので、依存性・耐性形成はあります。もし耐性が増してきてしまうと、「たくさん飲まないと効かない」と考えてodに至ってしまうリスクは確かにあります。

 

また、うつ状態・うつ病の治療をしている場合、サインバルタ以外の精神薬を併用しているケースはよくあります。それらの医薬品が複合的に作用して、大量服用になってしまうこともあります。この場合、たまたま手元にあったサインバルタも一緒にodしてしまう可能性は十分にあります。

 

なので、サインバルタ自体にもodリスクがありますし、病状と言う意味でも大量服用の可能性はあるのです。

 

サインバルタの致死量はどのくらい?

 

サインバルタのod(大量摂取)をしてしまったときに、最も懸念されるのが「致死量を超えてしまわないか」という部分です。もし大量摂取によって致死量を超え、死亡するようだと大変です。

 

医薬品の致死量については、LD50(半数致死量)という指標で把握することができます。これは、「LD50を越える量を服用すると、50%の確率で死亡する」ということです。

 

サインバルタの場合は、

 

種別

LD50

男性

491mg/kg

女性

279mg/kg

参考:Duloxetine - DrugBank

 

とされています。数値は1kg当たりの数値なので、例えば女性で体重50kgの場合は13950mgがLD50となります。60mg錠だとだいたい200錠分となります。

 

200錠というと多く見えますが、odによってそのくらいの量を服用してしまうケースは考えられるので、油断できない数値となります。

 

また、あくまで200錠というのは半数致死量なので、100錠くらいでも50%まではいかなくても、ある程度の死亡率はあるということです。なので、「200錠までいかなければ安心」という話ではありません。きちんと用法・用量を守ることが非常に重要です。

 

さらに、サインバルタのodに至ってしまった場合、たいていは他の医薬品もミックスして大量服用することが多いです。なので、それらの医薬品の副作用がいっきに襲ってくることになります。意識が薄くなる程度で済めばいいですが、転んでけがをしたり、事故にあってしまう…なんてことも考えられるのです。他人を巻き込んでしまうことがあるということです。

 

そういった意味でも、サインバルタのodに関しては絶対に避けましょう。

 

大量摂取してしまった場合の対処

 

もしサインバルタをodしてしまった場合、対処法は「意識のある/なし」で変わってきます。もし意識がある場合は、危険度はそれほど高くない状態なので、安静にして状態が戻るのを待つのが先決です。無理やり吐き出させると、胃酸によって食道が負担を受けてしまいます。

 

意識が薄かったり、無くなっている場合は速やかに救急車を呼んで、対応を任せましょう。たいていの場合は、胃洗浄などの処理が行われるようです。

 

サインバルタのodの原因は、たいていの場合知識の欠如のせいです。自分が今服用している医薬品についてしっかり学んでおき、用法用量をしっかり守る意識が大切になります。