妊娠初期~後期や授乳中のサインバルタの影響

 

妊娠中や授乳中は、医薬品を口にしてもいいのか気になるところです。サインバルタについても、イメージ的に「赤ちゃんへの影響が大きそう」と考えている人も多いでしょう。あらかじめ、サインバルタの妊娠中・授乳中の影響を知っておくことは大切です。

 

サインバルタについて知りたいとき、まず参考にしたいのが「添付文書」です。サインバルタの添付文書で、「妊婦」に関する記述は以下の通りです。

 

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には,治療上の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。妊娠末期に SNRI,SSRI を投与された婦人が出産した新生児において,入院期間の延長,呼吸補助,経管栄養を必要とする,離脱症状と同様の症状が出産直後にあらわれたとの報告がある。臨床所見としては,呼吸窮迫,チアノーゼ,無呼吸,発作,体温調節障害,哺乳障害,嘔吐,低血糖症,筋緊張低下,筋緊張亢進,反射亢進,振戦,ぴくつき,易刺激性,持続性の泣きが報告されている。]
参考ページ:サインバルタ添付文書

 

↑の内容をわかりやすく書き換えると、「危険性よりもまず抗うつや神経痛治療の効果のほうが重要だと言う場合のみ、サインバルタの服用OK」ということになります。

 

ただし、出産直後の赤ちゃんが離脱症状のような状態になる可能性があることは理解しておいたほうがよいでしょう。

 

医師と相談の上で、必要の応じてサインバルタを服用するのは構いません。しかし、自己判断でサインバルタの服用を続けるのは避けたほうがよいでしょう。

 

アメリカでの評価も調べておこう

 

添付文書は、製薬会社が臨床データなどを元に書いた評価となります。1つの評価だとわかりにくい……と言う人もいるはずなので、もう1つ評価を増やしてみましょう。

 

ここでチェックしておきたいのは、アメリカのFDA(日本でいう厚生労働省)の評価となります。FDA薬剤胎児危険度分類基準(FDA Pregnancy Category)という評価を見れば、妊娠中や授乳中の医薬品の危険度が分かります。

 

FDA薬剤胎児危険度分類基準

カテゴリー 危険性 妊娠中・授乳中の服用
A 危険性ナシ OK
B 多分危険性ナシ 多分OK
C 危険性があるかも 場合によってはOK
D 危険性アリ やむを得ない場合以外NG
X 禁忌 絶対NG

 

ざっくり解説すると、「A」「B」はほぼ危険なし、「C」は軽度の注意、「D」は厳重注意、「X」は絶対禁忌ということです。サインバルタは「C」にカテゴライズされており、若干の注意が必要な医薬品という扱いを受けています。

 

これだとはっきりしないので、他の医薬品や物質の危険度を比べてみましょう。

 

カテゴリーA 葉酸
カテゴリーB トランサミン、カフェイン、アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)、アモキシシリン(抗生物質)など
カテゴリーC サインバルタ、ロキソニン(解熱鎮痛剤)クラリス(抗生物質)、デパス(抗不安薬)など
カテゴリーD アルコール(お酒)、ニコチン(タバコ)、ボルタレン(解熱鎮痛剤)、ミノマイシン(抗生物質)、ワイパックス(抗不安薬)、パキシル(抗うつ薬)
カテゴリーX サリドマイド、ハルシオン、ワーファリン

 

「葉酸」はカテゴリーAとなります。葉酸は妊娠中は積極的に摂るべき成分なので、カテゴリーAの安全性の高さが分かると思います。

 

次にカテゴリーBですが、アセトアミノフェンなど、必要なときには利用してもよい医薬品が入っています。このあたりまでは、妊婦が安心して利用できる医薬品と言えそうです。

 

そしてカテゴリーCですが、ロキソニンやデパスなど、妊娠中・授乳中の使用は若干ためらいがちな医薬品が入ってきます。サインバルタも、それと同等のリスクということになります。

 

カテゴリーDになってくると、アルコールやニコチン(タバコ)など、いかにも赤ちゃんに影響がありそうなものがラインナップされてきます。そして「X」になるとサリドマイドやワーファリンなど、妊婦が絶対服用してはいけないものが入ります。

 

比較してみてみると、サインバルタはお酒やタバコほどではないが、抗生物質と同程度の危険度はあるということがわかると思います。そう考えると、妊娠中・授乳中は、よっぽど症状に効果が見られる場合以外は、避けたほうがよいと考えてよいでしょう。

 

妊娠初期~後期でサインバルタの影響は変わる?

 

まず一般的な話をすると、妊娠初期は胎児がまだ小さいので、ママが飲んだ医薬品の影響を受けやすくなります。その結果、医薬品によっては赤ちゃんの催奇形性が出てきたりすることもあります。ただ、赤ちゃんが大きくなってくると、じょじょに医薬品の影響は少なくなってくるとも考えられています。

 

しかし、サインバルタの場合のリスクは赤ちゃんの「離脱症状」にあります。つまり、ママのお腹にいる間はママの体を通じてサインバルタの成分が渡っているが、出産後はママの体から切り離されて、サインバルタが供給されなくなり、離脱症状状態になるということです。

 

つまり、サインバルタの場合は「服用タイミング」よりも「服用期間」の方が問題となるでしょう。妊娠初期にサインバルタ服用していたとしても、早いタイミングで服用をやめた場合は、出産後の離脱症状はあまりないでしょう。しかし、服用開始が妊娠中期以降であっても、出産直前まで服用していたら、出産後の赤ちゃんには離脱症状が出る可能性があります。もちろん、妊娠初期から出産までずっと服用していると、離脱症状のリスクは最大となります。

 

そして厄介なのが、「サインバルタはどうしても長期服用になりやすい」という部分です。始めは低用量から始め、ちょっとずつ服用量を増やしていくため、少なくとも1カ月は服用することになります。もちろんその分効き目は大きいのですが、「妊娠中の服用期間」がリスクの大きな要素となっている以上ちょっと手は出しにくいです。

 

逆に、「サインバルタを服用していたら、妊娠が判明した」というケースは、それほど気に病むことはないでしょう。もちろんすぐにサインバルタの服用は控えるべきですが、出産まで先が長いので、出産後に赤ちゃんが離脱症状のような状態になる可能性は低いです。

 

授乳中の対応方法とは?

 

出産が終わっても、赤ちゃんとは「授乳」と言う形でつながることになります。その結果、母乳を通じて、ママが服用している医薬品が赤ちゃんにわたることになります。

 

サインバルタ服用中もそれは同じで、リスクとしては添付文書に書いてある通りです。

 

授乳中の婦人への投与は避けることが望ましいが,やむを得ず投与する場合には授乳を避けさせること。[ラット及びヒトで乳汁中へ移行することが報告されている。]

 

ヒトの実験でも結果が出ているので、母乳を通じてサインバルタの成分が赤ちゃんに移るのは間違いないと考えてよいでしょう。

 

ただ、授乳中のリスクは、妊娠中に比べるとずっと低いです。なぜなら、「ミルク育児に切り替える」と言う方法が取れるからです。ミルク育児にすれば、母乳を与えないことになるので、ママの影響を完全に受けなくなります。医薬品を服用していなくても、いろいろな事情で完全ミルク育児を選んでいる家庭も多いので、心配ならミルク育児に切り替えればよいでしょう。

 

ただ、最初に飲ませる「初乳」だけは飲ませたほうがいいです。というのも、初乳には「免疫グロブリンA」という免疫物質が入っており、ママの免疫機能を赤ちゃんに分け与える大差綱役割を持っているのです。初乳を飲ませるくらいなら、サインバルタを服用していたとしても大きな影響はありません。もし心配なら、授乳の1~2日前はサインバルタの服用を控え、血中濃度を低くしてから授乳させてあげましょう。