SNRIとSSRIの違いを比較する

 

サインバルタはSNRIですが、SSRIという抗うつ剤とジャンルと名前が似ているのでよく混同されがちです。

 

ここでは、パキシル、レクサプロ、ジェイゾロフトなどのいわゆる「SSRI」と、SNRI(サインバルタ)の違いを比較していきます。

 

目次

 

SNRIとSSRIとは?

 

SNRI(Serotonin & Norepinephrine Reuptake Inhibitors):セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬
SSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors):選択的セロトニン再取り込み阻害薬

 

↑がそれぞれの正式名称となります。

 

名前の通り、SNRIとSSRIの違いは、「再取り込みを阻害する神経物質の種類の差」にあります。

 

種別名 セロトニン再取り込み阻害 ノルアドレナリン再取り込み阻害

SNRI

SSRI

×

 

↑の画像は、再取り込み阻害作用の違いです。

 

再取り込みを阻害するということは、カンタンに言えばその分脳内に残るということですから、言い換えれば「脳内のセロトニン(もしくはノルアドレナリン)が増える」と言うこともできます。

 

つまり、SNRIは「セロトニンとノルアドレナリンを増やす」、SSRIは「セロトニンだけ増やす」ということができます。

 

>>サインバルタ(SNRI)の作用機序

 

サインバルタ(SNRI)の詳しい作用機序については、↑をご覧ください。

 

SNRIとSSRIの効果と適応症状

 

SNRIとSSRIの違いは説明した通りですが、まさにその違いが「効果の違い」となって現れます。

 

セロトニン 別名「幸せホルモン」と呼ばれており、精神の安定や眠りの質をつかさどっています。
ノルアドレナリン

別名「怒りのホルモン」と呼ばれており、闘争心や意欲をつかさどっています。

 

↑はセロトニンとノルアドレナリンのおおまかな作用です。

 

神経伝達物質 不足 過剰
セロトニン

・精神が不安定になる
・眠りの質が落ちる、朝起きるのがつらい

・強い眠気
・意欲の低下

ノルアドレナリン

・意欲の低下
・無気力、無関心、無感動

・攻撃的になる
・イライラ、怒りっぽくなる

 

そして、↑はそれぞれの神経物質が「不足」したときと「過剰」になったときの変化になります。

 

なので、うつ症状があり、セロトニンとノルアドレナリンの両方が不足しているときは、SNRIが効果を発揮します。逆に、PTSDなどセロトニンだけが不足しているときにSNRIを服用すると、ノルアドレナリンが過剰となり、むやみにイライラしたり怒りっぽくなってしまう可能性があるのです。一般的に、PTSDの場合はSSRIを選択したほうがよいと言われています。

 

したがって、SNRIとSSRIどちらを選択するかは、「セロトニン」と「ノルアドレナリン」の量がどうなっているかをしっかり判断する必要があります。

 

症状 SNRI SSRI

うつ状態、うつ病

PTSD

×

強迫性障害

×

△(パキシル、ルボックス、デプロメール)

社会不安障害

×

△(パキシル、ルボックス、デプロメール)

パニック障害

×

△(パキシル、ジェイゾロフト)

 

うつ状態、うつ病の場合は、SNRIとSSRIの両方が適応となっています。ただ、これにしてもどちらが効果を発揮するかは個人差があります。例えばSNRIが効果を発揮する場合もありますし、ノルアドレナリンが増えすぎて妙に怒りっぽくなったりもします。なので、その場合はSSRIに変更するなどの処置がとられます。

 

また、SSRIは強迫性障害や社会不安障害、パニック障害などのさまざまな精神障害に適応しています。セロトニンだけを選択的に再取り込み阻害できるため、このようないろいろな症状に対応できるのです。

 

SNRIとSSRIの副作用の違い

 

SNRIとSSRIの副作用の多くは、セロトニン(ノルアドレナリン)を増やす作用そのものが影響しています。例えばSNRIやSSRIを服用するとセロトニンが増えるので、過剰になると眠気が強くなったり、めまいなどの症状が現れてきます。

 

そしてSNRIとSSRIの違いは「ノルアドレナリン」にあります。SNRIはノルアドレナリンも増やすので、怒りっぽくなったり、イライラしやすくなるという症状が出るほか、「動悸」「血圧上昇」といった症状が出てくることがあります。

 

つまり、かんたんに言えばSNRIはノルアドレナリンの分副作用が多くなると考えてよいでしょう。

 

医薬品名 副作用確率

サインバルタ(SNRI)

約90%

パキシル(SSRI)

約70%

レクサプロ(SSRI)

約65%

ジェイゾロフト(SSRI)

約60%

ルボックス(SSRI)

約40%

デプロメール(SSRI)

約40%

 

↑を見てもわかるように、SNRIのサインバルタはかなり副作用も多くなっています。一方、SSRIも副作用率は高いですが、サインバルタほどではありません。もちろん単純に比較はできませんが、「SNRIはノルアドレナリンを増やす」という部分が影響しているのは言えそうです。

 

>>副作用|離脱症状が出る場合もある

 

サインバルタの副作用については、↑の記事をご覧ください。

 

まとめ

 

SNRIとSSRIの一番大きな違いは、「ノルアドレナリンの再取り込み阻害をするか、しないか」と言う部分にあります。そのため、効果や適応、さらには副作用なども大きな違いが出てきます。

 

そして、「自分にとってどちらが合っているか」というのは、素人の判断はほとんど不可能です。なので、必ず医師の診察を受け、自分の場合どちらがいいのか判断してもらう必要があります。ただ、それでもどうしても合う/合わないは出てくるので、医薬品の種類を変えたりして、少しずつ改善に向かうことになります。